山門

長泉寺の沿革・ご案内

【住職ごあいさつ】

長泉寺は、三世(過去・現在・未来)のすべての仏さまが喜んでくださるような生き方を提唱します。
 <過去>ご先祖や過去精霊を敬うこと。
 <現世>今を大切に生きること。
 <未来>未来への責任を果たすこと。
心に光をともして、豊かで楽しい人生を送りましょう。
  南無大師遍照金剛

宮本龍門

合 掌
 長泉寺 第二十七世 住職 龍門

【沿革・境内の紹介】

長泉寺は弘法大師空海さまを宗祖とし、京都・仁和寺を総本山とする真言宗御室派の寺院です。
永正6年(1509年)7月に開創。その頃、当山の周辺には備前国営の薬草園が広がっていたと伝えられ、岡山の先進医学の発祥の地とされます。薬園山と言う山号の由来です。
各種文化活動や、社会奉仕活動、国際交流が盛んで、境内には所縁の仏像群が並びます。
現在の本堂は、昭和35年に完成したもので、内陣正面に薬師三尊(本尊薬師瑠璃如来・日光菩薩・月光菩薩)、外陣右に弘法大師像(明暦元年在銘)、左に大日如来が祀られます。

本堂 境内

「白須賀観音像」は、宝永の大震災(1707年発生)において、観音さまの夢告により津波の被害から難を逃れた池田綱政公により、後楽園慈眼堂に祀れていた尊像です。
現山門は、小豆島・西光寺から遷座されたもので、梵鐘は中国・洛陽市にある白馬寺様よりご請来されました。この鐘楼門の下で、毎年8月15日(終戦記念日)には、岡山ユネスコ協会主催で 「平和の鐘を鳴らそう!」が開催されます。

山門

長泉寺の鎮守であり、音楽などの芸能、また財宝の神と言われる弁才天様は、スリランカ・ランムトガラ寺よりご請来されました。

弁才天様

不動明王像としては一風変わった「必生不動明王」は、インド仏教界の頂点に立ち、カースト差別と闘い続ける佐々井秀嶺師(写真中央)をモデルにインドで造顕されたもので、邪を許さない仏教の不動心を現しています。

必生不動尊 佐々井秀嶺来山

永代供養「樂陽廟」のご本尊である玉佛釈迦牟尼如来像は、梵鐘と同じく中国・洛陽市白馬寺よりご請来されました。

玉仏釈迦如来像