令和3年2月2日 星供養法会

2月2日、当山恒例「節分祭」は、新型コロナウイルス感染症のさらなる流行を鑑みまして、一般のご参拝をいただかない形(総代役員様のみ)で「星供養法会」を奉修し、檀信徒皆様、並びに節分祈願札をお申し込みいただいた方々の除災招福、福寿増長を祈念させていただきました。

併せまして、RNN人道援助宗教NGOネットワーク事務局長で、黒住教教主・黒住宗道様からの「節分の日に、宗教の違いを越えてコロナ禍終息を心ひとつに祈願しましょう」という呼びかけに賛同し、我が宗だけでなく、他派、他宗、他教の皆様とも広く力を合わせ、新型コロナ禍を人類が早期に克服できるようお祈り合わせさせていただきました。

※詳しくはRNN人道援助宗教NGOネットワークのホームページをご覧ください。

https://www.rnn.jp/

総代、役員様をはじめ、当法会の奉修に対してお力添え下さいましたすべての皆様に、心より御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください