令和4年 本尊大祭

五月五日宵より八日にかけて、本尊薬師如来の厨子を開扉するとともに、檀信徒過去精霊先祖代々に回向するための灯篭を堂内に掲げ、全九座の理趣三昧法会を修す「万灯万華供養 本尊大祭」を奉修しました。

 結願(5/8)には、真言宗岡山結衆寺院様にご参集いただき、中曲理趣三昧法会を奉修。コロナ禍によって昨年、一昨年と縮小せざるを得ませんでしたので、久しぶりに諸大德揃っての法楽となりました。

 結願法会の後には、この春より総本山仁和寺の布教師となられた児島般若院御住職・本山泰基僧正より、御詠歌を交えてのご法話を賜りました。

 なお、当法会の奉修にあたりまして準備、片付けでは総代世話人様方に大変お世話になり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください